私は素Alpha の 22021 というモデルを愛用しています。
この22021は元々キャリーオンと記載されていましたが、気がついたら”キャリーオン”という文字が書かれなくなっていました。

結構、カッコいいモデルです。(と思っています)
このどっしりとした縦横比が個人的にはステキに思えます。
22021を購入するにあたり、この芦田さんという方の記事を参考にしました。 
帰省などで、スーツ・礼服がフタの裏側にパタン、パタンとコンパクトに収納できるのが非常に便利です。
また、重量バランスが若干悪くなるのですが、エクスパンダブルすることで現地でお土産を買っても収納できることもお気に入りポイントです!

ちょっと困っているのは、 ↓ この記事で書いているのですが、ちょっとサイズが大きい所です。
 「TUMI 22021 初デビュー」(別サイトです)

わずかなサイズオーバーの為に機内持ち込みが出来ないのです。

こっそり持ち込みは出来なくも無いのですが、わずかにサイズオーバーしている為、荷棚のフタがしまらないことや、閉めたものの開かなくなるということも考えられます。(持ち込んだ時に、開きにくい現象が発生しました。タイヤ部分の出っ張りが引っかかります)


できるだけ身軽に、飛行機を降りたら荷物が出てくるのを待たずにスッと目的地にいけるような、機内持ち込み可能な 22020 がうらやましくなってきます!
しかも今なら安いです。( 39,800円! マジデスカ・・)
TUMI 22020 DH ALPHA インターナショナル・20インチ・ジッパード・エクスパンダブル・キャリーオン【機内持ち込み対応】 [並行輸入品] 39,800円

安い・・。 
ALPHA 22020が 4万円を切って買えるならいいですね!
↓ 楽天でも同じ価格でした。

Alpha 2 の22020も既に存在してますので素のALPHA は旧モデルの扱いにはなります。
Alpha 2 の22020は、定価 102,600円です。

検索してみると、ALPHA 2 の 22020 が 素ALPHA にもう少しお金を足せば買えるじゃないの!
( 56,800円!)

ALPHA 2 では、
・ネームタグが横に付くようになった点。
・ホイール部デザインが変わった点。
・内装(特にスーツ収納部)が変わった点。
など、いろいろと変更はありそうです。

価値観の違いはありますが、スーツケースは思ったよりも長く使う事が多いので
この価格差なら、私は新型のALPHA 2 を選びます!
ただ、考えてみると 価格4割アップなので、うーん 素ALPHA の方がコスパ最高ですかね! 
迷うところですね! 

Sponsored Link